読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

introspection

取り留めのない考えごとを忘れないための内省的日記

株式会社ポケモンの採用選考を受けた

前のエントリでも触れたけど、自分にとってポケモンっていうのは中々思い出深いコンテンツなんだ。小学生の頃は本気でポケモンを作る側に回りたいって思っていたな。まあ、それから紆余曲折あって今の自分はゲームクリエイターとは無縁の道を歩んでいるわけだけど。。

今年の就活解禁日に合同説明会を適当にぶらぶらまわっていた時「株式会社ポケモン」の名前を見つけた。株ポケといえばなんだかアコギな商売をしている会社っていうイメージで、一ポケモンファンとしてあまり好意的な印象は抱いてなかったんだけど、とりあえず話くらいは聞いてみようと思って説明会に参加してみたんだ。

話を聞いてみて、色々とびっくりすることがたくさんあった。中でも、ここまで大きく育ったポケモンというコンテンツビジネスを140名程度の社員で支えているのはすごいな、と。もし新卒でこの会社に入れば自分個人としてもかなり成長できるんじゃないかと思ったし、何よりも小学生時代に描いた夢を叶える最後のチャンスかもしれないと感じたんだ。

 

そんなこんなで株ポケの選考を受けたわけだけど、こんな前置きはどーでもよかったね。この会社、選考に関する情報が極端に少なくて自分もとても困った。こういう記事をネットに書くのはあまりよくないのかもしれないけれど、詳細な部分については適宜伏せつつ今年の選考情報をまとめてみたよ。来年度以降株ポケを受ける人はぜひ参考にしてみてね。ちなみに、自分の最終的な結果は伏せておくことにするけど、まあ察してくれよな。

 

一次選考・書類審査

今年度のエントリーシートの設問は下記の三つ。

 

1. あなたの会社選び・仕事選びの基準とその背景を教えてください。

2. 学生時代最も力を入れたことについて具体的なエピソードを交えて教えてください。

3. 最近注目している商品・サービス・プロモーション等で面白いと思うものを1つ以上、最大3つまで挙げその概要となぜ面白いと感じたかを教えてください。

応募方法 | 募集要項(新卒) | Pokémon Business Professionals : 株式会社ポケモン採用情報

 

1と2はオーソドックスな設問なので、ESの作法に従って書けば特に問題はないね。3に関しても広告やマスコミ、エンタメ系の企業ではよく見かける設問だ。ビジネスとしての新規性や独自性に着目して選ぶと理由付けもしやすいのかなと思う。ちなみに、設問3に関しては後々の面接で結構掘り下げて聞かれるから、単に流行っているからという理由で自分のよく知らないものを取り上げるのはやめておいた方がいい。

 

内容については上述の通り特に難しいものではないけど、この会社のエントリーシートはフォーマットや文量が自由なんだ。ここはすごく難しいところだけど、読み手の立場に立って書くことを第一に色々と工夫してみるしかないね。あとはもう各々のセンスなので、腕の見せ所だと思ってがんばって。

 

たぶん受験者の半数以上は書類審査で落とされているので、それなりに力を入れて書いた方がいい。

 

二次選考・筆記試験 (SPIテストセンター)

英語や構造把握はナシ。一般的な言語・非言語・性格のSPI3。足切り点があるのかは分からないけど、あったとしてもかなり低いんじゃないだろうか。一般入試で大学受験した人なら特に問題なさそう。

 

三次選考・集団面接

人事2名対学生3名の集団面接。時間は50分程度あるので、集団面接といえどそれなりに深堀りはされる。質問は「自己PR」「学生時代頑張ったこと」「ポケモンで成し遂げたいこと」の3つ。集団面接というと普通に会話ができれば通る印象があるけれど、前述の通りこの会社はこの段階からかなり深堀りして聞いてくるので油断禁物だね。

 

四次選考・個人面接 / 企画書課題

現場の部長クラスの社員2名と個人面接。時間は1時間程度とかなり長い。基本はESに沿って質問されるけど、一部変化球的な質問がくる。自分が印象に残っているのは「あなたの一番好きなポケモンを使った新規ビジネスを今ここで考えてください。」というものだった。雰囲気は和やかだけど、質問や指摘はかなり鋭いので付け焼き刃だと通用しない。企画書課題の詳しい内容については書けないけど、ゲーム会社のプランナー選考で課される課題と似たようなものだ。こういうのはもうアイデア勝負だけど、その中でもビジネス視点や論理性を忘れてはいけないね。ただし、個人的に思うのは、この手の企画を考えるときは絶対にロジックから入るべきではないってことだ。論理的な妥当性やビジネスとしての採算性なんかは後から考慮して企画を変形させていけばいいわけで、まずは自分が「これは面白い!」と感じた直感を頼りにした方がいいんじゃないかな。そもそも就活生はビジネスのプロではないわけだから、ロジックベースのカタいアプローチをとるとどこかハリボテ感の拭えない凡庸な企画が生まれちゃうと思うんだ。

 

五次選考以降・個人面接

ここからは役員クラスの社員数名と個人面接になる。この会社は面接の回数が人によって違うので、選考の終わりが中々見えない。最短だと4回目の面接で内定が出るみたいだね。ちなみに、人によるかもしれないけれど、役員面接からはすこし圧迫気味になるので、こちらの言うことを全否定されても決して泣いたり逆ギレしたりしないように。。参考までにだけど、株ポケに限らずBtoCの会社っていうのは「御社の製品やサービスが好きで〜」みたいな志望動機を嫌う傾向がある。「好きだからやりたい」っていうのは恋愛にも通ずる人間として当然の心理だし、志望動機なんてのは突き詰めればこの一点に集約されるものだと思うけれど、プラスワンでもう少し踏み込んで「何がやりたいか」とか「どうして好きか」とか「どうしてやれると思うか」って所まで考えないと面接官には納得してもらえないかもしれない。

 

まとめ

この会社には外資コンサルティングファームリクルートのような人材輩出企業出身の社員が多い。そういう人たちは学生から見てもやっぱりすごく優秀なわけだけど、そんな優秀な中途社員がたくさんいるのにどうしてわざわざキャリアのない新卒なんか採るんだろうっていう疑問がここで浮かぶね。このことについてよく考えてみると、株ポケが新卒に期待しているものが少し分かってくるのかもしれない。

倍率についてはこれから受験する人にとってあまり有意義でない情報だからここでは書かないけど、そこまで気張らずに内定もらえたら超ラッキーくらいの感覚で臨んだ方がいいかもしれないね。それに、最終的な結果はどうあれ、就活初期にこういう自分をしっかり見てくれる会社の選考を受けると、きっとその経験は後々の糧になってくると思うんだ。