読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

introspection

取り留めのない考えごとを忘れないための内省的日記

無題

とある企業のワークショップで早退をかましてしまった。

 

指定された席に座って企業の方による会社の説明を聞いていると、突然強烈な不安感に襲われた。それは見渡す限りの景色が黒のリクルートスーツを着た就活生で埋め尽くされていたからかもしれないし、ひょっとしたら理由なんて何も無かったのかもしれない。とにかく、その不安感のせいで俺はとても大人しく座って話を聞いていることは出来なくなってしまったんだ。暑くもないのに額からは汗が垂れ落ちてくるし、落ち着きなく身体のどこかを動かしてしまう。流石にまずいと思って、一度トイレに行くと企業の方に伝えて建物の外に出たんだ。ビルの外には灰皿があったから、良くないと思いつつも俺はそこで煙草に火をつけた。吐き出す煙と一緒に訳のわからない不安感も出て行ってしまったような気がして、俺はそれでだいぶ落ち着くことが出来たんだ。

 

でも、もう一度部屋に戻って着席すると、またすぐに強烈な不安感をおぼえ、身体中から脂汗が吹き出てきた。側からみると俺の姿は異常にみえたんだろうな。企業の方が「顔、真っ青ですけど体調大丈夫ですか?選考とは関係ないので無理しなくても大丈夫ですよ。」と声をかけてくれた。体調は何も悪くなかったのだけれど、このままこの場所に居続けることは出来ないと判断して、途中退席させてもらったんだ。

 

建物のエントランスまで俺を送ってくれたスタッフの方は、俺をとても気遣ってくれた。

 

「せっかく来てくれたのに残念だったね、体調は大丈夫?」

「はい、ちょっとお腹が痛くて。このような貴重な機会を頂いたのに申し訳ございません。」

 

嘘をついた。本当はお腹なんて痛くない。

 

「だいぶ辛そうだったもんね、変なものでも食ったの?」

「バレンタインのチョコを食べたので、何か盛られていたのかもしれないです。」

 

また嘘をついた。本当はバレンタインチョコなんて貰ってない。

 

俺の軽口にスタッフの方は笑ってくれて、心配いらなそうだね。選考の時は体調に気をつけるんだぞ。と言って俺の背中を叩いてくれた。そう、このように人と話すのが苦手な訳ではないのだ。大勢の人の前で何か発表するのも、得意な方だと思う。それなのに時々こういうことが起きる。

 

今までも何度か同じようなことがあった。前兆はあって、こういうことが起きる前には必ず食欲が無くなって体重が5キロ以上落ちる。疲れだと言われればそうなのかもしれない。昔は薬に頼ったこともあったけど、なんだか根本的な解決にはならないような気がして、勝手に辞めてしまった。

 

本当は絶望的に社会に向いてないってことも、自分ではよく分かってるんだ。でも、出来ることは精一杯やる必要がある。そうしないと、俺はきっと将来後悔するようなことが起きた時に、人のせいにして逃げてしまうからだ。

 

本当はこんなことを誰が見ているか分からないインターネットに書くことは良くないんだけど、なんだが自分は今日嘘しかついていないと思って、どうしても本当の気持ちを誰かに聞いて欲しくなってしまった。この記事、明日には消すと思う。