読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

introspection

取り留めのない考えごとを忘れないための内省的日記

幸せ

日々の生活の中で幸せだと感じる瞬間を挙げる。
昼飯の牛丼、バイト終わりの一服、犬の散歩、銭湯、小説の読後、睡眠、などなど。ローコストだな、俺の幸せ。

コストという言葉を使ったけど、基本的にお金は日本という国の中で幸福を実現するにはきっと必要だ。
正確にはお金と時間なんだけど、時間なんてお金で買うことも出来るし、売ってお金にすることも出来るから、一括りにお金で良いだろう。「時は金なり」だ。

そんなこと無いぞって思う人が多いと思う。俺もそう思いたい、貧乏だから。
幸せには二種類ある。一つが即物的幸福で、もう一つが観念的幸福だ。

即物的幸福は美味しいものが食べれたり、良い車に乗れたり、すごい美人とやれたり、、みたいなことだ。

観念的幸福は…というと、これは説明することができない。なぜなら自分はまだこの観念的幸福を味わったことがないからだ。
それでも、年配の方や色々な人生経験を積んできた方に話を伺うと、確かにこの観念的幸福の存在がみえてくる時がある。
思うに、この観念的幸福を実現するには相応の精神の成熟や良心の発達、思慮深さのようなものが必要なんだろう。